損害保険料は毎年支払いが発生するものですから、消費税の引上げの影響を受けるのであれば、家計にも大きな影響が出てしまいます。
しかしながら、損害保険料については消費税の創設時から、消費税がかからないことになっています。また、事故の際に受け取る保険金についても消費税はかからないものとされています。
 このように保険料や保険金自体には消費税がかかりませんが、周りの物品やサービスに対する消費税が上がった結果、損害保険料が値上がりすることはあり得るのです。